サイトマップヘルプ
福島県信用保証協会とはご利用案内ご相談・お問合せ保証協会様式集関連リンク
 トップ > ご利用案内 > 業種一覧 > 許認可を必要とする主な業種
許認可を必要とする主な業種
   
  製造業    鉱  業    建設業    物品販売業    運送・倉庫業    サービス業    不動産業  


  協会業種 業 種 許可等 根拠法 有効期限 主務官公署


食料品工業 食料品製造業 許可 食品衛生法 (52条) 5年を下らない期間 都道府県知事(市長) 
酒類製造業 免許 酒税法 (7条) ―― 税務署長 
酵母・もろみ製造業 免許 酒税法 (8条) ―― 税務署長 
化学
機械工業
医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器製造業 許可 薬事法 (13条) 5年または6年 厚生労働大臣
(都道府県知事)
第1種高圧ガス製造業 許可 高圧ガス保安法 (5条) ―― 都道府県知事
その他の工業 自動車分解整備業 認証 道路運送車両法 (78条) ―― 地方運輸局長 

土石採取業 砂利採取業 登録 砂利採取法 (3条) ―― 都道府県知事
採石業 登録 採石法 (32条) ―― 都道府県知事
建設業 建設業(注) 許可 建設業法 (3条) 5年 国土交通大臣または都道府県知事
電気工事業 登録 電気工事業の業務の適正化に関する法律
(3条)
5年 経済産業大臣
(経済産業局長)または都道府県知事
物品販売業 食料品販売業 許可 食品衛生法 (52条) 5年を下らない期間 都道府県知事(市長)
飲食店、喫茶店 許可 食品衛生法 (52条)
薬局 許可 薬事法 (4条) 6年 都道府県知事
医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器製造販売業 許可 薬事法 (12条) 5年または6年 厚生労働大臣
(都道府県知事)
医薬品販売業 許可 薬事法 (24条) 6年 都道府県知事
高度管理医療機器・特定保守管理医療機器販売業 許可 薬事法(39条) 6年

厚生労働大臣
(都道府県知事)

酒類販売業 免許 酒税法 (9条) ―― 税務署長
液化石油ガス販売業 登録 液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律 (3条) ―― 経済産業大臣
(経済産業局長)または都道府県知事
揮発油販売業 登録 揮発油等の品質の確保等に関する法律 (3条) ―― 経済産業大臣
(経済産業局長)
家畜商 免許 家畜商法 (3条) ―― 都道府県知事
古物営業 許可 古物営業法 (3条) ―― 都道府県公安委員会
運送・倉庫業 一般旅客自動車運送事業 許可 道路運送法 (4条) ―― 国土交通大臣
(地方運輸局長)
特定旅客自動車運送事業 許可 道路運送法 (43条)
一般貨物自動車運送事業 許可 貨物自動車運送事業法
(3条)
特定貨物自動車運送事業 許可 貨物自動車運送事業法
(35条)

|


物品賃貸業 高度管理医療機器・特定保守管理医療機器賃貸業

許可

薬事法(39条) 6年 厚生労働大臣
(都道府県知事)
宿泊業 旅館業 許可 旅館業法 (3条) ―― 都道府県知事または市長
浴場業 浴場業 許可 公衆浴場法 (2条) ―― 都道府県知事
映画・娯楽業 興行場 許可 興行場法 (2条) ―― 都道府県知事
その他の事業
サービス業
有料職業紹介事業 許可 職業安定法 (30条) 3年(更新時5年) 厚生労働大臣
一般労働者派遣事業 許可 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律
(5条)
3年(更新時5年) 厚生労働大臣
専門サービス業 測量業 登録 測量法 (55条) 5年 国土交通大臣
建築士事務所 登録 建築士法 (23条) 5年 都道府県知事
医療・福祉業 病院、診療所、助産所 許可 医療法 (7条)
――
都道府県知事
廃棄物処理業 一般廃棄物処理業


許可


廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (7条)


2年


市町村長


産業廃棄物処理業


許可



廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (14条)

5年


都道府県知事


特別管理産業廃棄物処理業 許可 廃棄物の処理及び清掃に関する法律
(14条の4)
5年 都道府県知事
浄化槽清掃業 許可 浄化槽法 (35条) 期限を付することができる
(概ね2年)
市町村長
加工・修理業
医療機器修理業 許可 薬事法(40条の2) 5年 厚生労働大臣
(都道府県知事)
不動産業 宅地建物取引業 免許 宅地建物取引業法
(3条)
5年 国土交通大臣または都道府県知事

※主務官公署の( )は、各事業法による権限委任先です。
(注)許可を受けることを要しない「軽微な建設工事」について
工事一件の請負代金の額が建築一式工事にあっては1,500万円に満たない工事又は、延べ面積が150uに満たない木造住宅工事、建築一式工事以外の建設工事にあっては500万円に満たない工事については、許可が不要です。





 

▲ ページトップへ

Copyright(c)2004 Credit Guarantee Corporation of Fukushima All Rights Reserved